上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 自転車ブログ ピストレーサーへ

初めてのホイール組み、果てしなく続きます。

リム、ハブの計測が終わりましたので、ここでやっとスポーク長の計算をします。

DVD「ホイール組みの達人」での計算式は
I=√(a^2+b^2+c^2-2ab cosα)
となります。
なんのこっちゃ!
でもここであきらめるわけにはいきませんので、計算します。
これが計測した図。

a=リム半径 b=スポーク穴ピッチ円半径 c=ハブ中心からスポークまでの距離
wheel23.jpg

計測しておいた数値を当てはめていきます
ちなみに「cosα」ってのは、スポーク本数と組数で変わるようでして
DVDの裏表紙に答えが書いてあります

今回は32Hの6本組みですので、答えを見ると cosα=0.3827 となってましたので当てはめます。
I=√(a^2+b^2+c^2-2ab cosα)だから・・・
wheel22.jpg
となりますね~

ここで計算機の出番ですね~
計算機があれば、ぜんぜんと難しくないです。

で、√の計算で出た数字から、1か2を引くんだそうです
それはなぜか・・・?DVD見てください。

最終的に出たスポーク長は299.8mmでした!
wheel24.jpg

なんか難しい計算ですが、やってみるとそんなでもなかったかなぁ~
ちゃんと計測さえしてあれば、計算機さえあれば誰でもできそうです♪

次に、これ以外のweb上にあるスポーク長計算機を使ってやってみました。
リム、ハブなどを計測した数値を http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/spoke.length.html
こちらのwebで計算してもかなり近い数字が出ました。
これで、各部分の計測さえ間違っていなければ299mmでいいはず!

しかし、不安が残ります。
この後、リム、ハブの再計測をいたしました。う~んびみょ~だなぁ~
にほんブログ村 自転車ブログ ピストレーサーへ

Secret

にほんブログ村 自転車ブログ ピストレーサーへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。