上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 自転車ブログ ピストレーサーへ

ケル男を完全にバラして
また組みなおしに入ります

ヘッドパーツの組み付けネタは
そんなに多く書いてませんので、書いちゃいます。

※ここからの作業は、あくまでも素人での組み付け方なので
あまりオススメできるようなものでもありません。
こんなやり方もある・・・くらいで考えてください。

では~
フォーク部分に、ヘッドパーツの下玉押しを圧入します。

はい。フォークです!
ここのフォーククラウン部分に下玉押しを取り付けるわけです。
IMG_2666.jpg

通常は専用工具が必要なんですけど
そんな予算もなく、色々なサイトを調べたりして、マネしてます。
この作業はこれで2回目の挑戦。
使用したのは、ホームセンターで購入したこいつらです。
IMG_2668.jpg

とりあえずフォークにグリスをたっぷりめにヌリヌリ。
実際ここまでたっぷり塗る必要はないでしょう・・・
IMG_2669.jpg

下玉押しです。
IMG_2671.jpg

このリングの内側にもグリスをヌリヌリ。
IMG_2674.jpg

フォークコラムにセット~
IMG_2677.jpg

ホームセンターで買ったワッシャーやらなんやらを
こんな感じに組み合わせる。
IMG_2679.jpg

塩ビ管をセットします。
IMG_2678.jpg

さっきのやつを上から入れます。
IMG_2680.jpg


角型のワッシャーを数枚重ね
IMG_2681.jpg

フォーククラウンの下にセット。
IMG_2682.jpg

これで準備完了です。
IMG_2684.jpg

フォーククラウン側をスパナで固定して
上のボルトをゆっくりと回していきます。
IMG_2686.jpg

ガッチリとハマッたら
圧入完了~!
IMG_2689.jpg

余分なグリスを拭き取ります。
IMG_2690.jpg

出来上がり。
IMG_2692.jpg

冒頭に書きましたが
この作業は、本来プロの仕事です。
あくまでも自己責任で行っておりますので
専用工具を使用した自転車屋さんに任せた方が良いかもしれません。

が、原理的にはこれで大丈夫なはず?ですね。
しっかりまっすぐ入ればいいわけです。

さーて、つぎはフレームのヘッドチューブに
下ワンと、上玉押しを取り付けですわ!
にほんブログ村 自転車ブログ ピストレーサーへ

Secret

にほんブログ村 自転車ブログ ピストレーサーへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。