上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 自転車ブログ ピストレーサーへ

pist29」の nikuさんから預かっているリム
ARAYA SUPER AERO 650C です。

家でよ~く見てみたら
う~ん。なるほど・・・

ホールの内側にバリがけっこうありますね。
当時としてはこれが当たり前だったのかどうかは分かりません。
azu06.jpg

走行やホイール組みにはそんなに影響ないような気がしますが
やっぱり気になる部分です

昔、「kinoの自転車日記」のkino師匠のブログで見た事あるんですけど
このバリの部分をしっかり取ってましたので
自分もこのあたりは妥協せずにやってみることにしました。
azu05.jpg

スッキリ
まだ全部取りきってませんけど
せっかくの預かり物。ちゃんとやりまっせ♪
スポンサーサイト
にほんブログ村 自転車ブログ ピストレーサーへ

先日、軽井沢に行きまして
このブログでもおなじみの「pist29」の管理者、nikuさんに会ってまいりました。

そう。このホイールを預かりに!

そんなnikuさんに頼まれまして
このリムでホイールを組むことになりました~

【SPEC】:
ARAYA SUPER AERO 650C 28H



ちょーかっけぇっすね!ぴかぴかのポリッシュです。
しかも思ったよりかなり軽いです。
azu01.jpg

さて、どうしてくれようか・・・ふふふ・・・
なんて、オーダーされた通りに組むだけですが。

ハブがまだ完全に決まっていないみたいなので
どうなるかは分かりませんが、楽しみです♪
azu02.jpg

それまで大事に保管させていただきます。
azu04.jpg

エアロリムなんで、エアロスポークでってのがカッコイイんでしょうけど
スリットの入った28Hのハブがなかなかないのも事実ですね。

普通のストレートスポークでもカッコよさそうです。
ブラックのストレートスポークとかもいいなぁ・・・

ま、そのへんはnikuさん次第で。
にほんブログ村 自転車ブログ ピストレーサーへ

MAVIC GP4 で今度はフロントホイールを組みました。

ラジアル組みですので、考える事無く組始めました。
早く組めればいいってもんではないですが
仮組みまではあっという間ですね~


ラジアル組みだと、テンションを強めに・・・
とかって聞いたことあるんですけど
今回はリアと同じくらいのテンションで、若干弱め?に。
色々やってみたいので、試してみました。
raji02.jpg

見づらいですが、スポーク長もまぁ許容範囲。
1mm短くてもよかったかな~
raji01.jpg

さて、だんだん春も近くなってまいりました。
ちゃりんこシーズン到来も間近ですね♪

もう少し暖かくなったら、サイクリングロードでも走るかな。
で、帰りは電車で帰ってこよう・・・
にほんブログ村 自転車ブログ ピストレーサーへ

リアホイールも組んで、今度はフロントホイールを組むんですが
フロントはラジアル組みにすることにしました
で、フロントホイールはニップルのゆるみ止めに「スポークプレップ」を使おうかと。
pp04.jpg

これ、こんなに小さいボトルに入ってます。
これであの価格・・・正直高いです。
pp03.jpg

久しぶりにフタをあけてみたんですが、少し固まってきちゃってました・・・
pp02.jpg

ま、大丈夫だろー。
スポーク1本に付けて、数本まとめてジャラジャラします。
う~ん・・・ざらついているなぁ~
pp01.jpg

ちなみに新品の時はこのくらいなめらかな状態です。
wheel26.jpg

で、こんな感じになるはずだったのですが、びみょーな失敗でした。
wheel53.jpg

水でも少量いれて、少し戻すかな。

今回はこれを使用しました

色が2色あるので、おちょこ組みの場合は左右で色を変えると
組む時分かりやすいそうですよ。
にほんブログ村 自転車ブログ ピストレーサーへ

ホイール組みもチマチマチマチマやってましたが
最終段階でございます

振れを細かく取ってから、振取り台から降ろし
体重をかけて「馴染」を出します。
結構グイグイと力を入れてやってます

これが終わったら、もう一度振取り台に乗せ
最終の振れ取りをします
hoi49_20120308205723.jpg

スポークを手で握った感触で、だいたい大丈夫だと判断しましたが
一応スポークテンションゲージを持っているので計ってみました。
hoi48_20120308205723.jpg

示された数値は「16」ぐらい
1本1本テンションは微妙に違うのですが
だいたい16~18の間でした。
適合表を見るとテンションは低めで
乗り心地は柔らかめになるんだと思います。
hoi47_20120308205722.jpg

で、完成って事にしましょう!!!
hoi46_20120308205722.jpg

【SPEC】:
RIM:MAVIC GP4 中古
HUB:ALL CITY 36H BLACK
SPOKE:HOSHI 1.8mm PLAIN

使った工具とかはこちら

などでございます。

さて、このコーナーはこれにて一旦終了ですが
このあと、フロントホイールはラジアルで組もうと思います。
ちょいちょいネタにいたします。
にほんブログ村 自転車ブログ ピストレーサーへ

はい。ホイール組みの続きです。

縦振れ、横振れもだいぶ取れてきて、スポークテンションも上がってきました。
このあたりで、センター出しをします

使用しているのはHOZANの「C-335」
タイヤを装着しているとセンター出しはできないタイプだけど
単純ですごく使いやすくて好きです。


この工具を片面ずつ乗せて、リムがちゃんと真ん中にきているかをチェックします
真ん中にきていないとこれがカタカタっとなったり
芯の部分に隙間ができたりするわけです。

いつもゴミ箱の上にホイールを乗せてチェックしてます。
ほとんどセンターも出ている状態でしたが、
若干狂ってましたので修正修正。
hoi45.jpg

さて、そろそろ完成に近づきました
あとはどこまで振れを取るかって感じでしょうか?
にほんブログ村 自転車ブログ ピストレーサーへ

こわれちゃったよ~!

振れ取台の一部を改造してたところが
こわちゃいました・・・
まぁテキトーなハンダ付けをしてたから
当然といえば当然か。
hoi43.jpg

あ~あ
hoi42.jpg

ちょっと考えるかな。
すごく使いやすくなる改造だったんだけど
強度がこれじゃあね。
にほんブログ村 自転車ブログ ピストレーサーへ

ホイールの仮組みが終わったので
徐々にニップルを締めていく工程に入りま~す。

久しぶりの出番。振取り台です。
思えばオークションで落とした、超破格のHOZAN C-330
ずいぶん古いタイプです。ヴィンテージ的?
すごくいい品だと今でも思ってます。
hoi41.jpg

一部改造しています
縦振れを取るのに、精度を上げるために。まぁ自分なりに改造。
これがめちゃめちゃ使いやすい♪微調整も◎
hoi40.jpg

セット!
さぁ始めますか~~~
hoi39.jpg

まずはコイツ。家にころがってたマイナスドライバーをヤスリで加工したもの。
これもなかなか必需品♪
普通のマイナスドライバーでもいいんですけど、
先っぽが突起になってると、とても回しやすいです。
hoi37.jpg

ニップルは、まだぐらぐらの状態です。
hoi38.jpg

この自作ニップルドライバーで、まずは一回転ずつ均等に回していきます。
最初は二回転でもぜんぜん大丈夫。
三回転でも大丈夫かも。でも、ゆっくり楽しむので一回転ずつやりました
hoi36.jpg

テンションが少しかかるくらいまでは
コレ一本でいってます。
さぁ~楽しくなってきました♪
にほんブログ村 自転車ブログ ピストレーサーへ

ホイール組みネタです。

片面の仮組みをしたので
反対側も仮組みします

ここで気をつけなければいけないのが
「JIS組み」にするのか「イタリアン組み」にするのかって事。
初めてのとき、これでだいぶ苦戦しました。

詳しく書いてあるページがたくさんあるので
簡単にしか書きませんが

「JIS」
ホイールを真上から見て、スポークが左右非対称の組み方。
ママチャリの組み方ですね。

「イタリアン」
ホイールを真上から見て、スポークが左右対称の組み方。
ロードバイクに多く見られます。

ピストの後輪の場合、コグを左右両方に付けて
気分によって、ひっくり返して使ったりする人いますね
こういう方の場合は、「JIS組み」がいいんじゃないでしょうか?

色んな意見が多く、どれが正解なのかは分かりませんが
今回は「JIS組み」でやります。

どちらの組み方にするのかによって
反対側のハブに通す最初の1本のスポークが重要になります。
「右に落とす」とか「左に落とす」とかって言葉があります。

長くなってしまうので、この話はまた機会があったら書きます。
で、もう片側を組み始めます♪
hoi34.jpg

ここも重要ですね~バルブ穴の位置ね
ここが間違った場所にくると、タイヤの空気が入れづらくなっちゃいます。
この位置さえ大丈夫だったら、あとはドンドン組んでいくだけ。
hoi35.jpg

仮組み終了~~~♪hoi33.jpg

なんかズラズラと長くなっちゃいました・・・
このあとはニップルを締めこんでいって
振取りで~す
にほんブログ村 自転車ブログ ピストレーサーへ

さてさて、ホイールを組んでいきますね。続きです。

リムについているラベルの方向を確認します。
別に確認しなくてもいいです。

ただ、前後で向きが合ってた方がいいのと、
自転車をチェーンリング側から見て、ラベルが逆にならない方が好きなので
確認して、方向を決めてます。
(う~ん文章にするのは難しいね・・・)
でも、走行に支障はないので、気にしないでも大丈夫。
hoi32.jpg

ハブの軸についているロゴを確認
このロゴがリムのラベルの方を向いていると
プロっぽいので、まねしてます。
ま、これも別に気にしなくても大丈夫ですね。
hoi30.jpg

自分の場合、一気にスポークを通すのが苦手で
1本ずつ通して組む人です。
最初の一組目の2本を通したところ。

8本組み(4クロス)で組みますので
穴の位置関係はこれになります。
1本通してみて、2本目は、そこから数えて8個目の穴
hoi31.jpg

この2本を決めたら、かる~くニップルを入れて、さぁスタート!
ここからは早いですね。
穴1つ飛ばしで、一組目と同じようにどんどん組んでいきます。
hoi29.jpg

まぁゆっくりやっても10分ぐらいかな?
片側にスポークが入りました♪
hoi28.jpg

やっぱり楽しいです♪
なんだかんだ春も近いですからね~
今のうちに準備準備って感じで♪
にほんブログ村 自転車ブログ ピストレーサーへ

さぁて、ホイール組みをするわけなんですけど
前回スポーク長を計算したんで、さっそく注文しました

まぁあまり悩む必要もありませんでした。
今回も予算の関係があり、「星」のスポークです。

選んだのは「星」の太さ15番(1.8mm)ストレートスポークです。
どうも14番(2.0mm)は、あまり好きじゃないんですよね・・・
頑丈なんでしょうけど。細いのが好き。
でもバテットを選ぶ予算はありませんでした。フロントはラジアルだし。
hoi27.jpg

一応スポーク長が間違いないか測ってみました。
大丈夫。ちゃんと合ってます♪
hoi23.jpg

下ごしらえに入ります。
kino師匠のページなどを参考に、今回はニップルをビニールに入れて
hoi25.jpg

CRCを吹きかけシェイクシェイクしてみました。
hoi26.jpg

スポークのネジ切り部分にも556~
hoi24.jpg

今までは「SpokePrep」という、スポークの緩み防止剤を使ってましたが
今回はこれにしてみました。
ま、色々やってみようかと。でもグリスにしようか迷いましたね。

ちなみに今まで使っていたその「SpokePrep」はこちらです。
ちょっと高いですけど、専門の緩み止めです。
でも、安いお店見つけました♪


まずはリアホイールから組んでいきますわ。
にほんブログ村 自転車ブログ ピストレーサーへ

スポーク長計算の続きを書きます。

前回出した数値をメモっておきます。
自分の場合、テキトーではありますが、こんなシートを自作してメモしてます。

で、これが計測結果


ヒマだったのでこんな図を作ってみました。
初めての方には参考になるかもしれません。
keisoku02.jpg


コレを「スポーク長計算機」にそのまま入力します。
いつも「自転車 探険!」のサイトを利用させていただいております。
ここの
http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/spoke.length.html ここで計算してますよ~

スポーク交差数は
4本組み=2交差
6本組み=3交差
8本組み=4交差
ラジアル組み=0交差
 です。

今回のフロントホイールはラジアル組みでいこうかと思ってますんで
交差数は0ですね♪

スポーク交差数まで入力したら計算ボタンを押すとスポーク長が算出されます!すげ~
hoi21.jpg

一枚目の写真でスポーク長まで出ちゃってますけど
275.5mmとなりました。
スポークは基本1mm単位での販売となりますので
小数点は切って275mmとなります。
±1mmは許容範囲内と言いますね。

この作業をリアホイールでもやれば、一台分のスポーク長が分かるってもんです♪

この計算するページ意外にも色々とありますんで
試してみるのもいいかと思います。ビミョーに違う長さが出たりします・・・

さ、自分を信じ、スポークを注文しますね。
にほんブログ村 自転車ブログ ピストレーサーへ

にほんブログ村 自転車ブログ ピストレーサーへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。